アパートに光回線を引くときの流れ3ステップ

光回線を引く3ステップ

大学生など、アパートで一人暮らしを始め、インターネットをするために光回線を引こう!と考えるも、

「まず何をすればいいの…?」

「とりあえず全体の流れを知っておきたいんだけど…」

と困っている方は多いかと思います。

ここでは、光回線を引きたいアパート暮らしの方へ向けて、まず最初にするべき確認事項から、申し込み、工事を経て、アパートで光回線が使えるようになるまでの流れを3ステップでまとめています。

まず何をすれば良いのかわからないという方、とりあえず全体の流れを知っておきたい方など、ぜひ参考にしてみてください。

ステップ1 アパートの光回線の対応状況を確認

アパートで光回線を引く場合、基本的に入居者は自分のアパートが対応している光回線を引きます。

例えば、光回線にはフレッツ光やauひかりなどいろいろありますが、アパートが対応しているのがフレッツ光なら、入居者はフレッツ光を引くことになります。

そのため、光回線を申し込む前に、まずはアパートの対応状況を確認します。以下2つの確認をしましょう。

  1. アパートは光回線に対応しているか
  2. アパートに対応している光回線は何か

管理会社や大家さんに聞いて確認すると良いでしょう。

もしくは、アパートの住所がわかっていれば、ネットで調べることもできます。手順は簡単で、各光回線サービスの公式サイトにて調べたい建物の住所を入力し、対応しているか確認するだけです。詳しい手順は以下を参考にしてみてください。

今住んでいるアパートが光回線に対応しているのか知りたい 引っ越し先のアパートで光回線を引けるかどうか知りたい 物件情報で今見て...

では、

  1. アパートは光回線に対応しているか
  2. アパートに対応している光回線は何か

の確認について、もう少し詳しく説明していきます。

1.アパートは光回線に対応しているか

「アパートが光回線に対応している」とは、

「アパートに集合住宅向けの光回線の設備が導入されている」

ということをここでは言っています。

設備が導入されていると、アパートの共用スペースまでは、すでに光回線が引かれています。入居者がその光回線を契約すると、共用スペースから部屋まで光回線が引かれ、開通します。

アパートの設備環境によっては、共用スペースから部屋までの回線に、既存の電話回線やLANケーブルを利用することもあります。

アパートに設備が導入されていない場合は?

階数や戸数の少ない小規模のアパートでは、集合住宅向けの光回線の設備が導入されていないことがあります。

ですが、必ずしもアパートに設備がないと光回線を引くことができないというわけではありません。

設備未導入の集合住宅向けには、大抵、戸建て扱いとして戸建て向けプランで光回線を引き込む方法や、小規模集合住宅向けの別プランが用意されています。

例えば、フレッツ光の場合、東日本では4契約以上見込めない集合住宅、西日本では6契約以上見込めない集合住宅は、マンションタイプではなく、戸建て向けのファミリータイプで提供されます。

こういったケースでは、戸建て住宅に光回線を引き込むときと同じように、直接電柱からアパートの部屋へ光回線を引き込むことになります。

これにより、設備が導入されていない小規模のアパートなどでも光回線が利用可能になります。

ただし、注意点がいくつかあります。

電柱から部屋へ光回線を引き込む工事の際に、壁に穴を開けることがあるため、必ず管理会社や大家さんにその旨を伝え、承諾を得る必要があります。

たとえ承諾を得られても、建物の立地条件などにより、引き込み不可となることもあります。

さらに、月額料金は戸建て向けと同等になるため、アパートに導入された設備を利用する集合住宅向けのものよりも高くなってしまいます。

このように、アパートで戸建て向けのファミリータイプを利用するのは、マンションタイプを利用するよりもハードルが高くなります。

2.アパートに対応している光回線は何か

アパートに光回線の設備が導入されている場合は、その光回線が何であるか、サービス名などを確認します。

おそらく次の3種類のうちのどれかにあてはまるかと思います。

フレッツ光
NTT東日本、NTT西日本が提供する光回線です。

auひかり、NURO光
「auひかり」はKDDIが、「NURO光」はSo-netが提供する光回線です。独自の回線網やNTTのダークファイバ―(使われていない回線)を利用しています。

電力系の光回線
電力会社が提供する光回線です。中部の「コミュファ光」、関西の「eo光」、中国の「MEGAEGG」、四国の「ピカラ」、九州の「BBIQ」があります。

光回線は自由に選べない?

アパートで引くことのできる光回線は、そのアパートの管理会社や大家さんがどこの光回線の設備を導入しているかで決まります。

そのため、どれにしようかと迷わなくて済む反面、自由に選ぶことは基本的にできません。

どうしても引きたい光回線があるという方は、設備未導入のアパートで光回線を引くときと同様に、戸建て向けプランで引き込むことは可能なので、まずは管理会社、大家さんに相談してみてください。

ただし、許可が下りないこと、エリアや環境によって引き込み不可になること、料金が高くなるということは覚えておきましょう。

フレッツ光なら「光コラボ」という選択肢も

アパートの光回線がフレッツ光だった場合、

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • OCN光
  • ビッグローブ光
  • So-net光

などの光コラボにするという選択肢もあります。

「光コラボ」って?
2015年、NTTは、プロバイダや携帯会社などの事業者を対象に、自社の光アクセスサービスである「フレッツ光」の卸売りを始めました。
卸売りを受けた各事業者は、「フレッツ光」に独自のサービスをくっつけて、自由な価格設定でユーザーへ提供するサービスを開始しました。
これが「光コラボレーションモデル」、略して「光コラボ」です。

光コラボ事業者が提供する光回線は、フレッツ光そのものであるため、フレッツ光対応のアパートでも光コラボを利用することができます。

ステップ2 光回線の申し込み

アパートの光回線がわかれば、続いて申し込みをします。

申し込みはどこでする?

申し込み窓口は、光回線によるのですが、家電量販店や携帯ショップ、公式Webサイト、販売代理店のWebサイトなどがあります。

「その場で相談しながら申し込みたい」

という方は、家電量販店や携帯ショップなどで申し込むと良いでしょう。

販売員の方がしっかり説明してくれると思うのでお任せしてOKです。

※ただし内容をちゃんと把握した上で申し込みましょう。余計なオプションまで申し込んでしまわないためです。

「店まで行くのは面倒くさい」
「ネットでちゃちゃっと申し込みたい」

という方は、Webサイトから申し込むと良いでしょう。

信頼度を重視するなら、公式Webサイトから申し込みましょう。

お得に申し込みたいなら、代理店のWebサイトから申し込みましょう。キャッシュバックなどの特典は公式Webサイトより豪華であることが多いです。ただ代理店は複数あるので各社のキャンペーン比較が必要になるでしょう。

Web申し込みの流れ

店頭での申し込みは販売員の方に任せるとして、ここでは、Webサイトから申し込むときの流れを簡単に説明します。

公式Webサイトもしくは代理店のWebサイトにある申し込みフォームに、名前や住所、支払い方法などの必要事項を入力していきます。

このとき、オプションサービスの選択や、光回線によってはプロバイダを選ぶ必要があるため、あらかじめ決めておきましょう。

必要事項を入力したら確認して送信します。これで申し込みは完了です。

プロバイダについて
プロバイダは、インターネットへの接続サービスを提供します。簡単に言うと、フレッツ光などの回線をインターネットにつなげてくれる事業者のことです。インターネットを利用するには、必ずプロバイダが必要になります。

基本、光回線の申し込み時にプロバイダを選びますが、光回線を提供する事業者がプロバイダサービスも兼ねているケースもあり、そういった場合はプロバイダを選ぶ必要はありません。

申し込み後は、確認の連絡が来る、書類が送られてくるなど、主に申し込み内容の確認、通知と、工事についての確認や工事日の予約などをし、工事へと移っていきます。

この辺りの流れは、各光回線事業者によりけりですが、各担当者に従って進めていけば問題ないでしょう。

また、実際に申し込む前には、一度、各Webページで詳しい流れを確認しておくことをおすすめします。

未成年の方は申し込むとき注意!

これから光回線を引こうとしている人の中には、大学1年生など、未成年の方もいるかと思います。

未成年の場合、申し込みの際に親権者の同意書などが必要になります。また、未成年は申し込み不可としているところもあるので注意しましょう。

ステップ3 工事して開通

申し込み後、開通するための工事が行われます。開通工事が完了すると利用開始です。

申し込みから工事までは、標準で1カ月最短2週間などとしているところが多いですが、引っ越しシーズンなど時期によって変動します。工事自体は1~2時間程度としているところが多いです。

工事内容は、主に、部屋までの回線引き込みや回線終端装置といった機器の設置です。宅内での工事、作業が必要になるため、基本的に立ち会いが必要です。

アパートの設備状況によっては、部屋までの回線引き込み工事がすでに終わっており、工事担当者が来ない無派遣工事となることもあります。
例えば、前の入居者がすでに工事を済ませていた場合などです。このような場合は、回線終端装置が送られてくるので、その設置を自分で行うだけで完了します。

パソコンやスマホの接続設定

開通工事が完了した段階では、まだ、インターネットを利用できません。インターネットを利用するパソコンやルーターなどを接続し、設定する必要があります。

事前に送られてくる案内などにしたがって進めていきましょう。

不安な方は、パソコンの接続設定などをサポートしてくれるオプションサービスを利用すると良いでしょう。

まとめ

最後にざっとですが、アパートで光回線を引くときの流れを3ステップでまとめます。

  • ステップ1 アパートの光回線の対応状況を確認
    アパートが対応している光回線を確認。その光回線を申し込むことになります。
  • ステップ2 光回線の申し込み
    店頭、公式Webサイト、代理店Webサイトなどから申し込みます。
  • ステップ3 工事して開通
    工事実施後、機器の設定などを済ませて利用開始です。

アパートで光回線を引きたいと思ったら、まずは、アパートに対応している光回線を確認することから始めましょう。

今住んでいるアパートが光回線に対応しているのか知りたい 引っ越し先のアパートで光回線を引けるかどうか知りたい 物件情報で今見て...

申し込み先の光回線事業者さえわかってしまえば、申し込み以降は流れに従って進めていくだけなので問題ないかと思います。